医歯薬系業界での募集事情

もともと医歯薬系業界での募集の流れというものは、医局を中心に動いておりました。つまり医療従事者は学校を卒業すると同時に学校の医局に入局して、医局の人事部署に従い様々な医療機関の病院へ派遣されて、ある時期でもって開業するという流れ、これが一般的な医療の募集の流れでした。
しかし、近年これが崩れつつあるようです。医療機関での数々の医療制度の改革によって、経営状態の切迫している医療機関は自然淘汰され、結果医療機関の数は減少傾向に転じるようになりました。
そういう状況下で医療従事者は増加していく傾向になりましたが、医療機関側としては、医局からの紹介による医療従事者をなんでもかんでも採用することが逆に厳しくなってきてしまいました。
医療機関はそれと並行して本来の医療機関ではない学校や企業内での医療従事者を積極的に募集するようになりました。つまり医療従事者の募集に関しての流れが変化し、医局の手を借りずに医療従事者を募集するという流れに変わってきたのです。
これに加えて、近年はインターネットの急激な普及によって、情報化社会により一層の加速化が加わって、医療機関側もこのようなネットを利用してより有能な医療従事者を募集するようになって、募集手段もより幅広くなるようになりました。
このような流れの変化は、医療機関側のみならず、採用される医療従事者側にも数々のメリットをもたらすようになりました。この変化が私たち患者側にも利点のあるように変わっていってほしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です