看護師と英語の関係

日本で病院やそのほかの場所で看護師として働くのに英語は必要ないと思っている方も多いのではないかと思います。
実際、過疎化や高齢化が進んでしまっていて、一人一人に密着した看護が求められるような地域では、そんなに英語は必要ではないかもしれません。
しかし、都市部になると、観光客の外国の方々などが患者としてくることもあるのです。
ましてや、大きな都市の大規模な病院などは、日本に住んでいる外国の高方が大勢来ることもあります。
そんなときに英語が話せないようでは、看護師としての仕事は成り立ちません。
看護師や介護福祉士の仕事に大切なのは、その地域の方言を学ぶことだということで、社員研修の最初に、仕事内容などのことではなく、言葉の勉強からはじめる病院や施設もあります。
人と人とのコミュニケーションを非常に大切にする職種である看護師の仕事は、患者さんが話している言葉を理解できなくては仕事になりません。
こういったことからも、看護師として英語をマスターすることは必要ということができます。
また、看護師でキャリアアップしたいと思っている人たちにも英語は必要です。
人の命や健康を守る医師や看護師は、海外で大きな災害などが起きたときに駆けつけなければならないときがあります。
多くに国の言葉をマスターしていなくても、英語ができれば参加できますが、そういったときに英語ができなければ駆けつけることはできません。
また、空港で働く看護師の仕事もあります。
日本にある大きな国際空港には、空港内に医務室や診療所などが設置されています。
患者さんの殆どは国際空港の利用客や空港関係者などです。
国際空港には毎日何百人という海外のお客様が訪れます。
ですから患者さんも外国の方々も非常に多いです。
こういった、海外の患者さんと接することの多い看護師さんたちは英語力は優れていなくてはいけません。
ですから空港に勤務する看護師の求人には、あらかじめ、TOEICで700点以上など、英語力を条件と記載している求人も多いです。
看護師として将来的にキャリアアップを考えるなら、英語はしっかり覚えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です